チーム・バチスタの栄光  ☆海堂 尊

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
海堂 尊

宝島社 2007-11-10
売り上げランキング : 53
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
海堂 尊

宝島社 2007-11-10
売り上げランキング : 75
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。ところが、3例立て続けに術中死が発生。原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。壊滅寸前の大学病院の現状。医療現場の危機的状況。そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか…。栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。


”不定愁訴外来”別名”愚痴外来”というのが、おもしろく、最初は奥田さんの伊良部先生を思い出してしまいました。
しかし、田口先生は伊良部先生とはちょっと違いますね。

現役のお医者様が書いたということで、専門用語が多くて途中なんだかわからなくなったのだけれど、後半白鳥さんが登場してからは、一気に読めちゃいました。

患者のほうは絶対の信頼の元にお医者さんにかかるのだから、こういうことはまあ実際にあっては大変でしょうけれど、ちょっとぞっとさせる面もありますね。

デビューしてそうたってない作家さんのようだったので、お若い方と勝手に思い込み、やはり若い人の書くものだから、私にはちょっとなんて思って読み終わって海堂さんのプロフィールを見るとなんと似たような年代でした。

シリーズがでてるのですね。
読むかどうかは今は微妙かな。

満足度




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月16日 21:39
こんばんは!
この本…面白そうと思って今日買ってきたばかりなんですよ♪
いやいや、満足度2でしたか~(笑)
今ドラマでやってる「医龍2」を思い起こさせるタイトルだったので、思わず買ってしましました。
2007年11月16日 21:45
かときちさん、いえいえこれはミステリー大賞を受賞した作品ですから、面白いはずです。
きっと私の読みが浅いのではないかな。
かときちさんの感想を楽しみにしています。
hi-lite
2007年11月23日 10:06
自分も買って読み始めた処…
nakoさんと同じ様に読書家の友人がお薦めだったので(^。^:
急いで読んで自分もレビュー書きます。
2007年11月23日 19:54
hiさん、やはり好み似てますね。
早くhiさんのレビュー読みたいです。待ってます。

この記事へのトラックバック

  • 海堂 尊 「チーム・バチスタの栄光」

    Excerpt: マイミクpastelさんに紹介された本 pastelさんの本の好みは自分と微妙に違うのだけど… これは面白かった♪v(^m^)v チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社.. Weblog: 夜明けの( ̄Д ̄)y-~~~ racked: 2007-11-30 18:33
  • 海堂 尊 「ナイチンゲールの沈黙」

    Excerpt: ナイチンゲールの沈黙海堂 尊 / 宝島社(2006/10/06)Amazonランキング:804位Amazonおすすめ度:あまりにも酷い間違いなく海堂尊作品の中では最低と言えるなにも「新本格風味」を入れ.. Weblog: 夜明けの( ̄Д ̄)y-~~~ racked: 2007-12-27 09:36