ジーン・ワルツ  ☆海堂 尊

ジーン・ワルツ (新潮文庫)ジーン・ワルツ (新潮文庫)
海堂 尊

新潮社 2010-06-29
売り上げランキング : 978
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



内容(「BOOK」データベースより)
帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた―。生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。



海堂さんの作品のなかで一番読みやすく理解しやすかった。

読んだ後に、野田聖子さんの話題が出て、いろいろ考えるひとつにはなったかも。

生みたい人とその気持ちは本当に大切にしたいよね。

満足度

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック