造花の蜜  ☆連城三紀彦

造花の蜜〈上〉 (ハルキ文庫)造花の蜜〈上〉 (ハルキ文庫)
連城 三紀彦

角川春樹事務所 2010-11
売り上げランキング : 118777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



造花の蜜〈下〉 (ハルキ文庫)造花の蜜〈下〉 (ハルキ文庫)
連城 三紀彦

角川春樹事務所 2010-11
売り上げランキング : 120501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



内容(「BOOK」データベースより)
造花の蜜はどんな妖しい香りを放つのだろうか…その二月末日に発生した誘拐事件で、香奈子が一番大きな恐怖に駆られたのは、それより数十分前、八王子に向かう車の中で事件を察知した瞬間でもなければ、二時間後犯人からの最初の連絡を家の電話で受けとった時でもなく、幼稚園の玄関前で担任の高橋がこう言いだした瞬間だった。高橋は開き直ったような落ち着いた声で、「だって、私、お母さんに…あなたにちゃんと圭太クン渡したじゃないですか」。それは、この誘拐事件のほんの序幕にすぎなかった―。



テレビドラマで見て、読んでみました。

昔、連城さんの作品何冊か読んだのですが、今回ちょっと読み進めるのに時間がかかったかな。

映像をみてからだと、どうしてもその印象が残ってしまってそれがいいのか、悪いのか。


満足度

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック