とんび  ☆重松 清

とんび (角川文庫)とんび (角川文庫)
重松 清

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-10-25
売り上げランキング : 273

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




内容(「BOOK」データベースより)
つらいときは、ここに帰ってくればいい。昭和37年、ヤスさん28歳の秋、長男アキラが生まれた。愛妻・美佐子さんと、我が子の成長を見守る日々は、幼い頃に親と離別したヤスさんにとって、ようやく手に入れた「家族」のぬくもりだった。しかし、その幸福は、突然の悲劇によって打ち砕かれてしまう―。我が子の幸せだけを願いながら悪戦苦闘する父親の、喜びと哀しみを丹念に描き上げた、重松清渾身の長編小説。




これぞ、重松清 という作品ですね。

昭和の男がうまく描かれています。
涙します。

テレビドラマもなかなかいい配役だったと思います。



満足度


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック