テーマ:東野圭吾

聖女の救済  ☆東野圭吾

聖女の救済 (文春文庫)東野 圭吾 文藝春秋 2012-04-10売り上げランキング : 35Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガリレオの苦悩  ☆東野圭吾

ガリレオの苦悩 (文春文庫)東野 圭吾 文藝春秋 2011-10-07売り上げランキング : 81Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) “悪魔の手”と名のる人物から、警視庁に送りつけられた怪文書。そこには、連続殺人の犯行予告と、帝都大学准教授・湯川学を名指して挑発する文面が記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流星の絆  ☆東野圭吾

流星の絆 (講談社文庫)東野 圭吾 講談社 2011-04-15売り上げランキング : 235Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容紹介 惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。 「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」 14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥人計画  ☆東野圭吾

鳥人計画 (角川文庫)東野 圭吾 角川書店 2003-08売り上げランキング : 21195Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲームの名は誘拐  ☆東野圭吾

ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)東野 圭吾 光文社 2005-06-14売り上げランキング : 11756Amazonで詳しく見る by G-Tools 「ゲーム感覚の誘拐事件」を描く。使い捨て携帯電話やインターネットの掲示板が事件の重要なカギを握るなど、時代の風俗をたくみに取り入れ、展開もアクロバティックでエンターテイメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの頃の誰か  ☆東野圭吾

あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)東野 圭吾 光文社 2011-01-12売り上げランキング : 20Amazonで詳しく見る by G-Tools これまで出ていない短編をまとめたもののようです。 東野さんの作品にしてはちょっと物足りないかな。 満足度 {%拍手webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイイング・アイ  ☆東野圭吾

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)東野 圭吾 光文社 2011-01-12売り上げランキング : 17Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社 / 著者からの内容紹介 誰もが少しずつ嘘をつき、 誰かを陥れようとしている。 記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

犯人のいない殺人の夜  ☆東野圭吾

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)東野 圭吾 光文社 1994-01売り上げランキング : 3216Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上からひらひら落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし…。高校を舞台にした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どちらかが彼女を殺した  ☆東野圭吾

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)東野 圭吾 講談社 1999-05-14売り上げランキング : 3066Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 殺したのは男か女か 究極の「推理」小説自殺の偽装を施され、妹は殺された。 警察官である兄が割り出した容疑者は二人。 犯人は妹の親友か、かつての恋人か。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白銀ジャック  ☆東野圭吾

白銀ジャック (実業之日本社文庫)東野 圭吾 実業之日本社 2010-10-05売り上げランキング : 67おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容紹介 ゲレンデの下に爆弾が埋まっている―― 「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。 年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夜明けの街で  ☆東野圭吾

夜明けの街で (角川文庫)東野 圭吾 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-07-24売り上げランキング : 276おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使命と魂のリミット  ☆東野圭吾

使命と魂のリミット (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-02-25売り上げランキング : 42おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools [要旨] 「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹を操る少年  ☆東野圭吾

虹を操る少年 (講談社文庫)講談社 1997-07売り上げランキング : 16775おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「光にメロディがあるの?」「あるさ。みんな、そのことに気づいていないだけさ」。“光”を“演奏”することでメッセージを発信する天才高校生・光瑠。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠りの森  ☆東野圭吾

眠りの森 (講談社文庫)講談社 1992-04売り上げランキング : 751おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社/著者からの内容紹介 美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

赤い指  ☆東野圭吾

赤い指 (講談社文庫)講談社 2009-08-12売り上げランキング : 62Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃれんじ?  ☆東野圭吾

要旨] ひょんなことがきっかけでスノーボードを始めた。あっという間に虜になってしまった。原稿を切り上げ雪山に通う日々。徐徐に上達していくのが楽しくてしようがない。自称「おっさんスノーボーダー」として、奮闘、転倒、歓喜など、その珍道中を自虐的に綴った爆笑エッセイ集。その他、カーリング、ワールドカップ観戦など、初モノに次々と「ちゃ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さいえんす?  ☆東野圭吾

さいえんす? (角川文庫)東野 圭吾角川書店 2005-12売り上げランキング : 87363おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「こいつ、俺に気があるんじゃないか」―女性が隣に座っただけで、男はなぜこんな誤解をしてしまうのか?男女の恋愛問題から、ダイエットブー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラレルワールド・ラブストーリー  ☆東野圭吾

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)東野 圭吾講談社 1998-03売り上げランキング : 3474おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの頃ぼくらはアホでした  ☆東野圭吾

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)東野 圭吾集英社 1998-05売り上げランキング : 14664おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 命がけの学生時代!抱腹絶倒の青春記。小学校から大学まで、疾風怒濤の学生時代をパワフル&赤裸々に語る爆笑エッセイ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒笑小説  ☆東野圭吾

毒笑小説 (集英社文庫)東野 圭吾集英社 1999-02売り上げランキング : 16128おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 塾にお稽古に家庭教師にと、VIPなみに忙しい孫。何とかゆっくり会えないものかという祖父の訴えを聞いて、麻雀仲間の爺さんたちが“妙案”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢はトリノをかけめぐる  ☆東野圭吾

夢はトリノをかけめぐる (光文社文庫)東野 圭吾光文社 2009-02売り上げランキング : 1560Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 直木賞授賞パーティの翌日、受賞作家は成田にいた。隣には何故か、人間に化けた作家の愛猫・夢吉が…。彼らが向かったのはイタリア・トリノ。まさに冬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

私が彼を殺した  ☆東野圭吾

私が彼を殺した (講談社文庫)東野 圭吾講談社 2002-03売り上げランキング : 12041おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社/著者からの内容紹介 容疑者はたった3人 さあ、メモと鉛筆を! 推理の材料は、すべてそろっている。犯人を捜すのは、あなただ! 婚約中の男性の自宅に突然現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイクサイド  ☆東野圭吾

レイクサイド (文春文庫)東野 圭吾文藝春秋 2006-02売り上げランキング : 5283おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変身  ☆東野圭吾

変身 (講談社文庫)東野 圭吾講談社 1994-06売り上げランキング : 3435おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社 / 著者からの内容紹介 世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯! 脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。 平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

容疑者Xの献身  ☆東野圭吾

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)東野 圭吾文藝春秋 2008-08-05売り上げランキング : 6おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社 / 著者からの内容紹介 数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまよう刃  ☆東野圭吾

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)東野 圭吾 角川グループパブリッシング 2008-05-24売り上げランキング : 29おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社 / 著者からの内容紹介 自分の子供が殺されたら、あなたは復讐しますか? 長峰重樹の娘、絵摩の死体が荒川の下流で発見される。犯人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒笑小説  ☆東野圭吾

黒笑小説 (集英社文庫 ひ 15-8)東野 圭吾 集英社 2008-04売り上げランキング : 599Amazonで詳しく見る by G-Tools [要旨] 作家の寒川は、文学賞の選考結果を編集者と待っていた。「賞をもらうために小説を書いているわけじゃない」と格好をつけながら、内心は賞が欲しくて欲しくてたまらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白夜行  ☆東野圭吾

白夜行 (集英社文庫)東野 圭吾 集英社 2002-05売り上げランキング : 1012おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools メタローグ 前作「秘密」で、温かくて切ない物語を紡いだ東野圭吾が、今回は読む者の心を冷え冷えと切なくさせる。 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。最後に被害者と会った女が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面山荘殺人事件  ☆東野圭吾

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)東野 圭吾 講談社 1995-03売り上げランキング : 22637おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

”白夜行”と”幻夜”

”白夜行”と”幻夜”を続けて読んだ、うちの○○ 「女が怖くなった」 って。 まあ、二つ続けて読んだら、そうなるかも。 これからの人生にかかわるかも で、その後に読んでたのが。重松清の”疾走”。 ちょっと気分が・・・ということで読み進めないとSOSが。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more