テーマ:米原万里

心臓に毛が生えている理由   ☆米原万里

心臓に毛が生えている理由 (角川文庫)米原 万里 角川学芸出版 2011-04-23売り上げランキング : 50118Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 在プラハ・ソビエト学校で少女時代をすごし、ロシア語同時通訳者として活躍した著者が、鋭い言語感覚、深い洞察力で、人間の豊か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉を育てる  ☆米原万里

言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)米原 万里 筑摩書房 2008-09-10売り上げランキング : 79246Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 通訳から作家へと転身を遂げつつも、類い希なる言葉の遣い手として人々を魅了し続けた米原万里さんの最初で最後の対談集。毒舌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトのオスは飼わないの?  ☆米原万里

ヒトのオスは飼わないの? (文春文庫)米原 万里文藝春秋 2005-06-10売り上げランキング : 62196おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) ネコ4+イヌ2+ヒト2=8頭この総数は流動的だが、いつもニギヤカな米原家の日常。ロシア語通訳の仕事先で恋に落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガセネッタ&シモネッタ  ☆米原万里

ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)米原 万里文藝春秋 2003-06売り上げランキング : 28563おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 出版社/著者からの内容紹介 名訳と迷訳は紙一重。言語をめぐる爆笑エッセイ ガセネタも下ネタも、ついでにウラネッタも満載!! ロシア語同時通訳の第一人者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリガ・モリソヴナの反語法  ☆米原万里

オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)米原 万里集英社 2005-10-20売り上げランキング : 2611おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 1960年、チェコのプラハ・ソビエト学校に入った志摩は、舞踊教師オリガ・モリソヴナに魅了された。老女だが踊りは天才…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンツの面目ふんどしの沽券  ☆米原万里

パンツの面目ふんどしの沽券 (ちくま文庫 よ 21-1)米原 万里 筑摩書房 2008-04-09売り上げランキング : 39935Amazonで詳しく見る by G-Tools 感性あふれる米原さんによる、パンツとふんどし のあれこれ。 あれこれというか、そこは米原さん、起源にまで至るからすごいです。 パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行者の朝食  ☆米原万里

旅行者の朝食 (文春文庫)米原 万里 文藝春秋 2004-10売り上げランキング : 8796おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 「ツバキ姫」との異名をとる著者(水分なしでもパサパサのサンドイッチをあっという間に食べられるという特技のために)が、古今東西、おもに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔女の1ダース  ☆米原万里

魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章 (新潮文庫)米原 万里 新潮社 1999-12売り上げランキング : 5847おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 私たちの常識では1ダースといえば12。ところが、魔女の世界では「13」が1ダースなんだそうな。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘘つきアーニャの真っ赤な真実  ☆米原万里

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)米原 万里 角川書店 2004-06売り上げランキング : 9574おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 一九六〇年、プラハ。小学生のマリはソビエト学校で個性的な友だちに囲まれていた。男の見極め方を教えてくれるギリシア人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の法則  ☆米原万里

米原万里の「愛の法則」 (集英社新書 406F)米原 万里 集英社 2007-08売り上げランキング : 130おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 稀有の語り手でもあった米原万里、最初で最後の爆笑講演集。世の中に男と女は半々。相手はたくさんいるはずなのに、なぜ「この人」でなくてはダメな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロシアは今日も荒れ模様  ☆米原万里

ロシアは今日も荒れ模様 (講談社文庫) ロシアとロシア人は退屈しない」そう断言する著者は、同時通訳という仕事柄、彼の地を数限りなく訪れている。そして、知れば知るほど謎が深まるこの国は、書かずにはいられないほどの魅力に満ちあふれている。激動に揺れながら過激さとズボラさ、天使と悪魔が共に棲む国を鋭い筆致で暴き出す爆笑エッセイ。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more